しなチャイメンバーおすすめの本

 

大人子どもに関わらず、親と子に限らず、誰もが豊かな人間関係を築きながら、安心して自分らしく生きていくことを望んでいることでしょう。

自分自身のことも、相手のことも、知ること、知ろうとすること。人間について学ぶこと・・・。

本当に大切なことは?メンバーが手にして良かったなと思う本をいくつかこちらにご紹介します。

(青は大人向け、ピンクは子ども向け。画像クリックでamazonに飛びます)

 

また、チャイルドラインに届いた子どもたちの声についての詳細は、チャイルドライン支援センターのHPをご覧ください。

 

思春期の子に本当に手を焼いたときの処方箋33
 
土居高徳
ココロ屋
 
梨屋アリエ
14歳からの哲学
 
池田晶子
いいじゃない いいんだよ
 
岩室紳也、小国綾子、水谷修
私とは何か
 
平野啓一郎
抱きしめよう、わが子のせんぶ
 
佐々木正美
Love・ラブ・えっち
 
岩室紳也、早乙女智子
 
 
子を愛せない母
母を拒否する子
 
ヘネシー澄子
 
「格差社会」を乗り越える
子どもの育て方
 
汐見稔幸
 
ママのおなかをえらんで
きたよ
 
池上明
 
男子の性教育
 
村瀬幸治
 
男の子のからだとこころ
 
村瀬幸治
家族幻想
 
杉山春
 
よみがえる子どもの輝く笑顔
 
天野秀昭
 
隣る人
 
菅原哲男
 
よくわかるオチンチンの話
 
岩室紳也
天使のかいかた
 
なかがわちひろ
みんなのなやみ
 
重松清
となりのたぬき
 
せなけいこ
十歳の君へ
 
日野原重明
 
ママ、生まれる前から大好きだよ
 
池川明
教室の悪魔
 
山脇由貴子
 
親の離婚(10代のメンタルヘルス)
 
アイリーン キューン
 
胎内記憶
 
池上明
 
ホスピタルクラウン・K
ちゃんが行く
 
あんずゆき
 
心が元気になる学校
 
副島賢和
 
ひとりじゃないよ
 
副島賢和
 
子どもの気持ちを聴くスキル
 
山口祐二
 
愛着障害
 
岡田尊司
 
難民高校生
 
仁藤夢乃